読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kantyPanco's diary

初心忘るるべからずなWeb屋初心者の色々忘備録

社会人4年間で変わったこと

表題の通り、仕事を初めて4年目になりました。

始めの1年間は社会人なんてほとんどこなせていなかったけど…。

これまでの振り返りをしようと思います。

 

〜社会人4年間で変わったこと〜

1. 仕事に関する本を読まなくなった

一番仕事に関する本を読んでいたのは学生時代、就活をしていた頃です。その頃は新聞記者・webデザイナーを目指していて、入りたい会社さんも明確でした。入りたい会社さんから出ている本をむさぼり読んでいた時期が終わり、社会人になってから一度も仕事に関する本を読んでいません。その代わり、ネットで仕事に関するブログをいくつか読ませて頂いております。ただ媒体が変わっただけです。ブログの方が端的で、移動時間にも読みやすい理由からです。

今日1本目は

会社は学生気分で良いんじゃね? - はてな村定点観測所

http://www.open.sh/entry/20140706/1404599677

 を読みました。元記事になっている「会社は学生気分で来るんじゃねぇ!」も読みました。どちらも考えさせられる記事です。

 

2. 技術書を買うようになった

社会人になって2年目の春頃から、技術書を買うようになりました。「買うようになった」と書いたのは、「読むようになった」と満足して言えるくらい読み込んでいないから。いま一番自分で問題視しているのは、買って満足していること。もとから本屋さんに行くのは好きだったし、本(写真集や絵本、小説等)を買うには惜しまない金銭感覚でしたが、技術書は読むのを後回しにしてしまっています。なにかと理由はありますが、集中して一気にやりきりたいけどその時間がなかなか持てないからです。今後改善していくべき自分の欠点です…。

 

3. 時間の使い方が変わった

比較対象がどうしても学生時代になってしまいますが、学生時代は午前中は寝ていました。午後から朝方までの活動で、それが自分にとっての1日。この頃は時間は足りていたし、やりたいと思ったらすぐに行動するような爆発的な行動力を持っていました。いまは完全な朝方。就寝時間を決めて一日過ごしています。睡眠時間は学生の頃より大幅に減りましたが。

ここ半年ではとくに、「残業」に対する考えも変わってきました。以前までは仕事が終わらないのは自分のせい、明日やろうはばかやろう、だと思い込んでいました。最近では残業する体力が全くないです。。。残業している時の集中力の途切れ方を見ても、仕事は8時間/日で終わらせるべきであると思います。(今日中に〆ないといけない仕事の時は残業はもちろんします。)早く仕事を終わらせて、余裕を持って帰宅できれば勉強するために技術書を読む時間も生まれますしね…。

 

4. 人との交流が減った

誘われない限り遊ばない性格ではありましたが、友人も仕事をしている為、なかなか時間が合わなかったりして、人との交流が減りました。顔見知り程度の知り合いは多いですが、気の知れた仲でないと気遣いで疲れてしまい、、、頭痛が出たりするのです。IT系の知り合いが増えたら良いなあと思うことは多いですが、なかなか行動に移せず交流は減るばかりです。今年中にどうにかしたいです。

 

以上、大きく分けて4つの項目で変化がありました。がむしゃらに働いていた時期もあり、身体壊したりプロジェクト終了して虚無感に襲われたり、色々経験してきましたが、結局自分の技術は成長見られず。。。まだまだ勉強が必要です。

会社を良くしていきたい!とか、幹部になりたい!とか、そういう気持ちも失せてしまった今、本当に自分を支えているのは会社の人だったり、技術につながっていたり、新しいことを試してみる会社の社風が好きという気持ちだけです。

今後の社会人生活で自分がどうなっていきたいのか、もう一度考えるタイミングとして、社会人4年間で変わったことを纏めてみました。とりあえず、前進できますように。